上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HEROSを観た。
MASI OKAさんってどんななんだろうと思って、とっても楽しみにしていた。
映画での設定ですので、MASIさんの勤務する会社の設定が日本企業「ヤマガト」って名前だったり、
早朝に屋上でラジオ体操するのは、まぁ典型的な日本を描くうえで、
多少仕方ないと思います。もともと漫画ですし。
ガチンガチンの日本語英語を強調するのも、日本らしさを出すには必要だったのかと思います。
しかし、MASIさん。
台詞や演技がひどすぎやしませんか?
ビーバップの方が、もちっとマシな台詞まわしや演技をしています。
オタクという設定でもありますが、「オイッ」ってつっこむのを通りすぎて、
映画自体も、日本文化をもう少し学んだ方がいいのでは?と、トホホな気分になりました。
わびさびや、細部に心惹かれる日本気質の部分を知らないと、
日本のオタク心は掴めませんね。
まずはボビー・オロゴンさんに、日本文化の基礎を学んだ方がよいですね。
まぁ、次は観ないな。
横須賀スキップです。


日本文化で思いましたが、青春っていいですよね。
青春。
前回のブログでも、多少男という部分で雅俊さんを例にあげましたが、青春。
そんなわけで、

青春ってやっぱり・・・のコーナー
・スポーツ
・汗
・男
・爽やかな恋
・涙
・出会い
・別れ
・ファーストキッス
・みんなで歌う
・キャンプファイヤーで唄う
・告白しろよって、言わされる。
・うじうじすんなって、理不尽に怒られる。
・とりあえず、走る
・太った男子は、もりもり食べる
・「食いしん坊ねっ」ってマドンナに言われる。(米国歌手のマドンナじゃありません。)
・金持ちは、嫌な奴
・サングラスはカッコイイ
・不良はタバコでリーゼント
・貧乏でわけあり
・童貞
・雅俊

僕が小さい頃は、まだ男臭い時代だったなぁ。
西部警察とか太陽にほえろとかね。
一人称を「自分っ」って、大人の人が言ってた。
青春が無くなってきたのって、トレンディーの頃からかもね。
汗臭いよりも、スマートなエリートでティラミス。

そんな訳で、青春をお店に取り入れていこうかな。
そのうち、「フレンズ書店横須賀佐原青春店」って言われちゃったりしてね。
「青春で待ち合わせ」とか、
「青春でDVD買おうぜ」とか、
「あ、あの青春っぽい店でしょ。」・・・。
そんな、お店にするぞ。どうすりゃいいんだ?

↓青春ってこういう事
p-warera2.jpg


(おまけ)
「コイサンマン」や「ブッシュマン」とかを、アフリカの方々が観て、「おいっ」って思ったかな?
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ysifriends.blog108.fc2.com/tb.php/72-a37b1896
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。