上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.11.11 あえて
なんとなく車を運転している時に思い出した。
そして、一人だったのでなんとなく力強く真似してみた。
これを、仲間の前でやる自分を想像してみた。
死んでしまいたいって思うだろうなぁ。
「ぺこりー」。
横須賀スキップです。

あくまでも私の周囲の話しであるが、ある程度の年齢層にわかれて、やるギャグがある。
50代オーバーは昔ながらのギャグに加えて駄洒落が多い。
今、CМとかでもそういった要素のものが多いのは、そういう上司を説得して広告代理店が
アレンジして作ってるんじゃないのかなぁ?なんて、想像してしまう。
40代あたりは今巷で芸人がやっているギャグを、多少自分なりにアレンジしてやる。
それ以下の年齢になると、そういう事をやることが寒いと知っているので、あまりやら無い
感じがする。
まぁ、中学生くらいまでは、そのまんま旬のギャグを真似したりだね。
小学生はウンコやチンコで大喜びだ。

こんな分別をした。
いま、本気でやってどのくらいの厳しさなのか分別。(2008年11月11日現在)

レベル1:「あ、この人とは沸点が違うんだぁ」
・「ルネッサーンス」
・「三の倍数~」
・南ちゃんって、面白いよねぇ。
・松本って天才だよねぇ。

レベル2:「あ、この人とは15秒以上一緒に居れないなぁ」
・「おっぱっぴー」(本気でやる)
・「三っ」(本気でやる)
・「トゥイマティエーン」(本気でやる)
・「おいおい」
・「ってか」

レベル3:「もう会うことないなぁ」
・「ぺこりー」

番外編:「もしかしたら、面白い人かも」
・「ゲッツ」

私もたまに活用させていただきますが、あえてがわからない人に
間違って発砲してしまうと、死んでしまいたくなります。
TPOが大切ですね。

↓サウナマン
gaiyou-60.jpg


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ysifriends.blog108.fc2.com/tb.php/64-34fddc18
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。