上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.09.27 人生の頂点
涼しくなってきましたね。日が落ちるのも早くなりました。そろそろ、山下達郎の季節になってきました。誰かが物真似で熱唱する山下達郎の横で、ベッキーが感動して号泣するのを想像して、とても意地悪な笑みをを浮かべている自分が、何もついていないテレビの画面に反射して映ってました。横須賀スキップです。

夏の頃だったかと思います。ニュースジャパンに、クリステルさんが
方哉(まさや)抜きで番組を仕切っていたんです。多分、方哉(松本方哉=メインキャスター♂)が夏休みだったんだと思うんです。
まぁ、とにかくクリステルさんが一人で仕切ってたんです。
昔の人の言葉でこういう素敵な言葉があります。
「水を得た魚」「鬼のいぬ間に洗濯」「俺のいない間に調子に乗る」。
凄くいきいきしていました。しまいには、番組の最後にフランス語らしきで、さよならの挨拶をしていました。凄くいきいきとして、今を生きていました。ニュースキャスターとして、女性として、クリステルとして、最高に輝いていました。

↓英語が堪能な方哉。アメリカ人キャスターより手のアクションが多い。
060803m-thumb.jpg


そういえば「夏目ナナ」が引退となりました。
彼女もレポーターかなにかだったんですよね。輝く場所に違いはあるにせよ、彼女もとても輝いていましたね。ほぼ彼女のデビューから見守ってきたので、なんだか寂しい気持ちになりました。ちなみに、今野由愛ちゃんや、紋舞らんちゃんの引退、そして桜朱音ちゃんの引退の時も、一つ何かが終わったんだなぁと寂しい気持ちになったものです。
桜朱音ちゃんのDVDジャケットにあった満点の笑顔で、何度も仕事で辛いときに救われたものでした。ただ、実際にお会いした時に、
「いつもと同じ笑顔ですね」と、お伝えしたら「えーショックです。」と
悪い方に誤解されてしまったようです。訂正しようと思ったのですが、
なんとなくそれ以上言えば言うほど泥沼になりそうだったので、
そのまま訂正しませんでした。小さな後悔をしています。
引退やお別れとかは当たり前のように来ることですが、もうこの先見ることがなくなると思うと、とても寂しい気持ちになるものですよね。でも、心の中に少しだけ残っては思い出すんですよね。数年後に懐かしいなぁって思うんだろうなぁ。紅音ほたるちゃんも、なんだかんだで引退となったら、結構寂しい気持ちになるんだろうなぁ。
でも、彼女達はこれから私のような思いと比例して、人々から忘れられない分大変な思いをするのかなぁと思うと、複雑な気持ちになりますね。忘れてもらった方が助かるのだろうなぁ。
なにが普通か分かりませんが、普通に幸せになって欲しいものです。

方哉が引退しないようにと、日々応援しています。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ysifriends.blog108.fc2.com/tb.php/20-bb6f1127
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。