上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.08.29 邦ちゃん
邦ちゃんの「やまだかつてないDVD」が発売します。
KANの「愛は勝つ」を「チキンカツ」と言ってみて曲をリリースしたり、
片方がアダルトデビューを果たして、近頃盛り上がっている
Winkが売れていれば、「やまだかつてないWink」と言って、似せWinkをしてみたり。
当時、モデル出身でモテモテだった、阿部寛や風間トオルなどと
ドラマの設定でキッスをしたりする邦ちゃん。
近頃では、アダルト界のゴールドフィンガー「加藤鷹」氏と共に、
本を出版したりと、多忙極まりない邦ちゃん。
何年も、好感度ナンバー1女性に君臨し続けた邦ちゃん。
芸人の土田晃之(元U-turn)に、「どんどん山田邦子に似てくる」と
やや過去の人のような扱いをされちゃう邦ちゃん。
今回のDVD。ものまね、歌、ドラマなど、選りすぐりの名場面が収録されている。
昭和の奇跡。80年代の象徴といっても過言でない、バブル感溢れる番組のDVD。
たまに繰り出す関西弁が素敵な、渡辺徹さん。
スマップと一緒に「夢がモリモリ」と頑張っていた、森口博子さん。
小堺さんが昼のトーク番組で頑張っている間、地味に力を蓄えていた関根勤さん。
世田谷などで車などの趣味を深め、雑誌まで出しちゃった所ジョージさん。
セクシーアイドルと結婚して離婚して、マイケル・ジャクソンさんが亡くなった時に、
ダンスについてコメントしていた、ラッキィ池田さん。
数年後、裸体写真集を出すとは思ってもいなかった、横山知枝ちゃん。
本物の昭和。そしてバブルがこのDVDにたっぷり詰まっています。

↓ひょうきんな、邦ちゃん。
interview35_02.jpg

スポンサーサイト
夏もあと少しで終わりますね。
素敵な夏を過ごせましたか?

上野に行きました。
人がいっぱいいます。
生暖かい湿度の高い空気。
生臭い何かが混じった匂い。
乳製品のような、ケバブのような、魚類のような。

そんな淀んだ空気の上野の中にも、
全国チェーン展開する、自然植物などを使用した
スキンケアなどの商品を扱うお店が、
ムラサキスポーツの近くにありまして、入店してみたりしました。

清潔感のある店内。
咽返るほどの、甘い香り。
ピシッとした店員さん達。
レジ対応した店員だけ、上野の空気のような方でしたが、
他の店員さんや他店の方は、いつも丁寧で素敵なので、
今日の所は、他店の方々や他の店員さんの顔に免じて、許してやりました。

少し気分を害しながらも、秋葉原までテクテクと歩く。

夏だなぁ。
体臭なのか、ケバブの匂いなのか判らない匂いの街 秋葉原。
小学生の頃。
「アキバハラ」なのか「アキハバラ」なのか調べに、
父と自転車で行った街 秋葉原。

今年も、夏が終わろうとしている。
風も秋の風が吹いてきている。

なんだか、とっても甘酸っぱい。
秋・・・恋の予感。
モノづくりの好きな私は、たまに衣類のリメイクをします。
デニムを継ぎ接ぎしたり、革素材を組み込んだり、ペイントしたりと
楽しいものです。

勢いあまって、ミシンを買いました。

数ヶ月前ですが、細かくディテールを指示して、オーダーメイドで
スーツを作りました。完全オーダーメイドは、これで2作目ですが、
いいものですね。
パンツを着用した時のシルエットが、多少気になったので、
手直しを施してもらいました。

先日、パンツをマテリアルからポケットの形など、またまた小さく細かく
色々と注文してオーダーしました。

以前、新宿にある靴屋さんで、ラバーソールを靴底につけて、
厚底にするってのが盛り上がった時期がありました。
その後、Buffaloから、厚底靴がリリースされたり、
更には、厚底ブーツブームが来ました。

大きな指輪が欲しいなぁって探していました。
なかなか見付からないし、どれもこれも
厳つい髑髏とかなので、シンプルな大きな指輪を作りました。

ANARCHIC ADJUSTMENTの初期のTシャツが、復活しました。
とんでもない価格で販売されていましたが、
余裕があれば、欲しいなぁなんて思っています。
Tシャツに興味を持ち、デザインというものに憧れを抱き、
グラフィックデザインに足を踏み入れるきっかけになったブランドです。
また、デザイン熱が復活してまいりました。
元ANARCHICデザイナーの※ニック・フィリップさんには、いつも感心させられます。

※(Imaginary Foundationのデザイナーで、元ANARCHIC ADJUSTMENTのデザイナーの一人)

もう、空気が秋ですね。

この秋は、何を作ろうかなぁ。
2009.08.24 夏の想い出
歩けないほどの激痛が走る。
昨年の10月。
「ウィレム・デフォー」(映画プラトーンの有名シーン)の様に、膝まずき反り返りながら
倒れ朽ちた。
2009年8月。
歩けないほどの激痛が走る。
愚かな菊と歯への、コラボレート激痛だ。
モーニングに少し痛んだ程度だったのに、
昼過ぎは、歩くのもままならない程の激痛。
前から後ろから、激痛が全身を駆け巡る。

愚かな方は、痔なのか?って思いましたが、
どうやら違うみたい。以前も同じような症状になったことがあるんです。
その時は、ボラギノールを必要以上に挿入したのですが、全く効かなかったんですよね。
二年前の夏くらいだったかなぁ・・・?
歯は、極度のストレスや疲れがでると出てくる神経痛らしく、
歯の神経近くにある親知らずが、痛み出したようです。

健康って大切ですね。
生きていくって大変ですね。

今も、まだ少し痛いです。
スキップ。やりました。
とうとうマイボール、ゲットしました。

マイボール?

何?

これだから、スキップ素人は困る。
スキップがマイボールって言ったら、ボウリングだろ?!
スキップ、ROUND1に4回通ったから、マイボールをお安く買えたのよ。
もちろん、ボウリング部の仲間も買った。
でも、俺のが一番カッコイイ。
ピンキーなレッド。
そして隣で投げていたローセンスの男性も、同じボールを使っていた。
あとで気付いたけど、ボウリングのキャリーケース一面に描かれた
「R」の文字。幾何学模様のようにRを全体に施した、斬新なデザイン。
以前、美容室で働いていた頃、若い店長兼オーナーの女性が、
衣服一面に、「F」が上下反対に描かれたデザインの衣類を着ていた。
世界の一流品も、その店長兼オーナーが着るだけで、
世界のしまむらに早変わり。

つまり。
スキップ。
また、やっちゃった。
2009.08.09 万事快調
スニーカーを買った。

足の形に難があるので、探すのがとても大変。
主張のある靴が好きなので、探すのがとても大変。
やっと見つけた。
ニューヨーク発信のブランドのスニーカー。
無駄に高い。
でも、嬉しい。とても、嬉しい。

ニューヨークのスニーカーと一緒に、渋谷に行く俺。
誰もが、俺をチラ見する。
老若男女、すれ違う全てが俺を見る。
犬も猫も俺を見る。
ニューヨークな俺。

どうしても「モンシュシュ」の堂島ロールが食べたくて、
渋谷東急本店方向に、ニューヨークスキップが渋谷を歩く。

ドンキ・ホーテ。答えはノーだ。
マツモトキヨシ。答えはノーだ。

東急本店「Bunkamura」の地下一階へ着いた、ニューヨークスキップ。
無い。
堂島ロールが、売り切れている。
まだ、昼過ぎなのに・・・。

そんな小さな事は、気にならない。
だって、俺はニューヨークスキップ。

東横のれん街の「銀の葡萄」にするか。

良い匂いがしてきた。
いつも、最高に賑わう東横のれん街。
あぁ、東横のれん街と渋谷とニューヨークスキップ。

「ぬちゃ・・・」。
「・・・・・・・・」。

ニューヨーク・・・。何か足の底に、不自然な感触が。
床の上に、トッピングされた※ソフトクリームが、ダブル盛りされていた。

※ソフトクリーム=ウンコではありません。リアルソフトクリームです。

電車に乗って家路へつく、ニューヨークスキップ。
電車の中に、「本宮ヒロシ」のイラストが入った広告が貼ってあって、
よく「似てるって言われるなぁ」なんて思いながら、駅に到着したニューヨークスキップ。
坂道を歩きながら「こんなに歩いたら痩せちゃうよぉ」なんて、
ティップネスのエアロビをチラ見しながら歩く、ニューヨークスキップ。

「ゴリッ ぬちゃ・・・」
梅踏んだ。

帰ってから、ニューヨーク発信スニーカーの箱を捨てようと思って、
ゴミと箱をまとめた。
俺の目の世界に飛び込んできた。


「MADE IN KOREA」・・・。

ボウリングブーム到来。

クルーズ青葉台店長「モンちゃん」、
フレンズメディアタワー蒲田西口店店長「テトラポット 立ちこぎ」、
フレンズ書店稲田堤店店長、
そして、横須賀スキップで、
ボウリング部を行っております。
部長は「モンちゃん」。

知らない間に、ボウリングが盛り上がってたんですね。

先日、高津のラウンド・ワンに行ったら、待ちが一時間半でした。
やめて、向ヶ丘遊園のボウリング場に行きました。

上手になりたい。
そんでもって「リスタイ」という、手首を固定して安定した投球ができるようなグローブを
買おうと思って調べたのですが、どうやらボールの穴との関係性などの問題で、
安易に買うものではないようですね。
なので、ちゃんとボウリング場の人に聞いてから、買うことにしました。
そんでもって、ボウリングシューズを買うことにしました。
どうやら、ボウリングシューズも、上達の鍵となるアイテムらしいです。
安くてもハウスシューズ(ボウリング場で借りれる靴)とは、格段に違うようですよ。
実際、右投げ用と左投げ用で、滑り止めなど貼ってある場所が、違うようなのですよ。

あの、親指を抜いて、ぐるんぐるん回転させる人達に勝てるボウリングをします。
安定したボウリングをするナイスミドル。
そんな大人になりたい。
もちろん、ボウリングシャツを着ます。(約1万5000円:素材はもちろんレーヨン100%)

あと、驚いたのが、プロボウラーって、随分美人が増えたんですね。
YOUTUBEで観て驚きました。
僕も、アマチュアの大会とかに出場したいです。
それでは、今週も張り切って練習にいきます。

ちなみに、参加希望の方。
遠慮なく、参加してくださいませよ。
楽しいが、基本ですから。
そのうちボウリング場で、セクシーアイドルのイベントしますから。
できるかなぁ・・・。

横須賀スキップでした。

↓通販で購入した、ボウリングシューズ。楽しみだ。
pic_000847_3_view.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。