上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.03.30 自分治療
昔から病院に行くのが面倒です。
腰が痛いなぁって思ってそのままほっといたら悪化し、昨年救急車で運ばれました。

風邪引いたら、野菜ジュースをガブガブ飲みます。
頭痛がすると、水分をふんだんにとるようにします。
足がノミに刺されたら、塩で治療します。
ガラスの破片が胸に刺さった時、その辺の葉っぱを揉んで、薬草といって塗りこんだ。
指を1cmくらいぱっくりガラスで切ったとき、アロンアルファでぴったり接着。
掌に砂利がめり込んだ時、オキシドールとマキロンで治した。
バイクでこけて左腕が上がらなくなった時、自然回復させた。

男には、自分流の回復方法を持っている。

病院が嫌いではないのですが、面倒なんだよなぁ。
スポンサーサイト
2009.03.27 中毒ぎみ
映画をよく観ます。
一週間で6本くらい観ます。
一ヶ月間、観続けています。
このペースで観ていると、じっくり選んだりしなくなります。
自分でも驚いてしまう選び方です。
EAST END×YURI的表現で言うと「MAIKKA」選び。

少し前に大塚愛ちゃん主演の「東京フレンズ」を観ました。
先日は窪塚洋介君の「PINGPONG」。
心が疲れているんだろうなって思います。
ジャズとか全く関係ないのに、
韓流映画の「君はジャズを信じるか?」みたいなタイトルの映画を観ました。
モハメド・アリのドキュメンタリー、レイ・チャールズのドキュメンタリータッチの映画「RAY」、
レイチャールズのライブDVD、JAMIROQUAI のPV全集、箪笥、
チェ・ゲバラのドキュメンタリー、スティーブ・マックィーンの栄光のルマン
少林サッカー、20世紀少年前編、女刑務所、血と骨・・・
タイトルさえ思い出さないレベルの作品も多々。

たまに陥る中毒状態です。
以前よくかかっていたのは活字中毒。
ぼーっとしていられないんです。
トイレでも芳香剤の裏面とか、飲み物の成分など、
とにかく何か新しい文字を見たくなるんです。
中毒って言ったら大げさですが、
こんな時期があります。

新しいシーズン到来ですね。
全てをリフレッシュして、新たな気持ちでのぞみましょうかね。
仕事中、どこかでやられました。
ノミです。
ノミの痒さは、蚊の何倍も痒いらしいです。
お持ち帰りしていたら怖いので、
部屋を掃除しまくりました。車を掃除しまくりました。
衣類を洗濯しまくりました。ダニ、ノミスプレーもドボドボかけました。ピッカピカです。
もち肌のふくらはぎが、可愛そうなことになってしまいました。
海水が効くらしいと知り、傷だらけの足に粗塩を擦り込んでいます。
だんだんと慣れてきますが、流す時に激痛が走ります。
そして、流した後のお肌はスベスベ。

アトピーの人の気持ちがわかるようになれました。

アトピーで悩んでいる仲間に、その旨を話しました。
仲間はアトピーの為、ヒゲを剃るのが厳しいと言っていました。
更には、髪の毛を切るのも厳しいそうです。
髪も伸び、ヒゲも蓄えられてきた為、水をワインに石をパンにできるレベルになってきました。
巷で言われるような「神」扱いではなく、
リアル「ジーザス」になれそうです。
お笑いで「笑いの神が降りてきた。」などと表現しますが、
彼は神になりつつあります。
私の足もいつの間にか、血だらけになっていますが、
彼もいつの間にか血だらけになって、朝に残念な気持ちになるようです。
ジーザスに血。よく似合います。

そんなことを妄想しながら、ちょっと痩せるといいなぁなんて欲張りながら、
今夜も傷に塩を擦り込みます。

「聖おにいさん 3巻(モーニングKC)」、好評発売中です。

聖おにいさん。のどかな気持ちになりますね。↓
聖

蒲田に来ましたよ。
「アッキー」。
美しかった。
以前、マキシングさんの立ち上げお披露目会で拝見しましたが、
何度見ても可愛いですね。
しかも、頑張り屋。
2時間ぶっ続けで頑張り続けたアッキー。
以前インタビューで「自分の性格は?」と問われ、
「真面目」と答えてただけありました。
しかも、とってもサービス精神が旺盛。
仲間の濃鬚メガネ店長の、「ハッピ着用してポーズとって撮影してくださいませんか?」の依頼も、
笑顔で応じてくれました。
さすがに、少し抵抗があったのか、恥ずかしさの現れか、ポーズの時に照れが見られました。
一流の順応性と頑張りを目の当たりにしました。

うちにも来てくれないかなぁ。
先週の金曜日、東京は蒲田に「フレンズメディアタワー蒲田西口店」がオープンしました。
皆さん、知ってましたか?
ちなみに私は今、そちらでお世話になっています。
もちっとしたら、またホームタウン横須賀に戻ってきますけどね。

でもって、今度の土曜日に蒲田西口店(メディアタワー)で、蒲田に激震が走ります。
なんと、先月遊びに来てくれたぶるまちゃんが緊張のあまり、油断できない表情になるほどの
大物大先輩。そう。その名も「アッキー」。
吉沢明歩ちゃんが、フレンズメディアタワー蒲田西口店に遊びに来るんだ。
詳細は、フレンズメディアタワー蒲田西口店のブログか
マキシングの公式ブログを見て頂戴。
今の時点で、このブログをみないとわからない裏情報を、お伝えしたいと思う。
一つ目。
チケットは、まだ手に入れられるぞ。ただ、結構少なくなってきた。限定200名様です。
二つ目。
チケットは、フレンズメディアタワー蒲田西口店に足を運ばないと、入手できない。
三つ目。
アッキーとは、お好み焼きは食べれない。
これらだけは、はっきり言える。
四つ目。
私、横須賀スキップは、会場内をうろうろしている。

フレンズメディアタワー蒲田西口店は、4階建てのお店。
縦長のお店なんだけど、多分200人収容した時点で、
アメリカのダイナマイト爆破して縦に崩れ落ちるように潰れると、
スキップ含め店長仲間と予想をした。
このイベント後は、アッキーはほぼイベントを長期に渡ってやらないようだ。
アッキーファンにとっては、禁断症状が出てしまうレベルだと思う。
アッキーと一緒にすし詰めになろうぜっ。
そんな熱いファンの方々と、スキップは盛り上がりたいね。

では、当日楽しみにしています。
ながらく席を外しておりました。
イギリスはロンドンのベイカーst.に、新店を出すかもしれないということで
マーケティングリサーチに行っていました。
小さな嘘をつきました。

イベント報告遅れてすいません。
パソコンに久しぶりに触れました。
あぁ、私の愛おしいノートパソコン。流れるようなブラインドタッチに、敏感に反応するノートパソコン。
長く連れ添った夫婦がアダムタッチにより、もう一度愛を確かめ合うように、
私のダイナブック1号(バツイチ)に艶が戻ってまいました。

本題に入ります。
葵ぶるまちゃんイベント~お好み焼き~
今回の3枚購入特典は
「ぶるまちゃんが、その場で焼いたお好み焼きを皆で食べあう」でした。
でもって、ダーツでぶるまちゃんに勝つと「あ~ん」です。
お好み焼きを「あ~ん」ですよ。
新婚夫婦以外で「あ~ん」なんて、なかなかしませんよ。 
私の期待は「あ~ん」したら、鶴太郎やダチョウ倶楽部状態になって、
アチチチチなんていいながら、盛り上がる予定だったんですが、
勝った方々は、しっかりと「あ~ん」を堪能されていました。
購入数が多い方ほど、ぶるまちゃんの好きレベルが高くなる分、ますます濃くなる3部。
興奮も最高潮に達する頃、ジャンケンによるプレゼント企画が。
景品は、フレンズ横須賀佐原インター店特製「オリジナル巨大ぶるまタペストリー」。
もう一つは、「ぶるまちゃんデザインのクマが入った、オリジナルイベントT-SHORT」。
(※このT-SHORTは、渡す寸前まで、ぶるまちゃんが着用していたもの。)
こういう所で普段の行いと、ファンとしての根性が発揮されるもんですね。
今回も素晴らしく濃い内容のイベントでした。

ここまでの報告は、最後までイベント参加していただいた、ファンの方なら周知のコト。
ジャッキー・チェンの映画も、エンディングで流れたりするNG集が楽しいものですよね。
今回はその後のぶるまちゃんの素顔を、少し報告しちゃいます。

イベントの後にお疲れのところ、いろんな質問をさせていただきました。
ぶるまちゃんは、終始丁寧かつ疲れを見せずに答えてくれました。
多分、ぶるまちゃんのブログを見てるだけのファンの方は、
ぶるまちゃんは、普段のお休みはゴロゴロして、暇があればゲームをしていると
想像していませんか?私はそう思っていました。
違った。実際のぶるまちゃんは、すっごく行動的。そしてすごく器用。そして中日ドラゴンズファン。
趣味もいろいろあって、料理も得意。魚さばくとか以外なら、大抵のことはできるんだって。
コロッケとかもいろんな種類のものを作るみたいです。
なんかね。惚れやすい私が今回思ったのは、「付き合いたい」。
俺、ぶるまちゃんと「付き合いたい」って思いましたよ。
噛めば噛むほど味わいのある女性でした。
楽しいひとときだったなぁ。また、来て欲しいなぁ。
次会ったら、結婚を前提に交際を申し込まないように気をつけなくっちゃ。

↓間近でみると、好きになっちゃうから気をつけないと。
ぶるまちゃん

(おまけ)
更に驚いたのが、結構遅くまでインタビューなどのお仕事にお付き合いしてもらったのに、
しっかり当日にブログが更新されていました。
そして次の日のイベントも、とっても盛り上がったみたいです。素晴らしいよ。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。