上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
水野晴郎(みずのはるお)が、亡くなった。
「はるお」なのか、「はるろう」なのかわからず、数年間は発音でごまかしてきた。

幼少の頃、世の中は映画で溢れていた。
「ジョーズ」。いまだに海が怖い。
「ロッキー」。お母さんにグレーのパーカーを買ってもらいました。
「ジャッキーチェン作品」。少林寺より、ジャッキーチェンの方が、絶対強いと言い張って、
友人と喧嘩しました。当時の少林寺作品は「少林寺36房」(主演:リュー・チャーフィー)でした。
「スターウォーズ」、「ET」、「インディージョーンズ」、「グレムリン」、「グーニーズ」
「ゴーストバスターズ」、「バックトゥーザフューチャー」(フィーチャーじゃないよ。)
「勝利への脱出」(ペレはこの作品の数年後に、大統領選に出馬します。)
「スタンドバイミー」(次の日同級生に、びびった罰をやります)
「ターミネーター」、「カクテル」、「トップガン」、
「ナインハーフ」(いけないルナ先生くらい、衝撃的でした)・・・・。もう、止まらないです。
そんな中、テレビ番組でも、バンバン映画を流していました。

ちょっと番組名は定かでないし、全て同時期かもわすれましたが、
「月曜ロードショー」(TBS系)では、「香港映画」とかが、比較的多く放映してた気がします。
「火曜洋画劇場」(?)確か、山城新伍が解説してたような・・・。渋い作品放映が多かったような・・・。
「水曜ロードショー」(?)。「木曜洋画劇場」
「金曜ロードショー」(月曜か、水曜ロードショーが、金曜になったのかな?)水野晴郎が解説だね。
「土曜ゴールデン洋画劇場」(フジテレビ系)は、高島忠夫が解説してたね。
「日曜洋画劇場」(テレビ朝日)は、淀川長治が解説でしたね。

夏になると、劇場初公開とかいいながら「ジブリ作品」「火垂るの墓」など、
子供向けの作品の予告が6月位から予告されて、毎週、毎週、楽しみにしていたものです。
ジャッキーの映画の次の日は、みんながカンフーをし、ビーバップが放映されると、
一週間は「吐いた唾飲まんとけよ」と、不良ごっこをしたもんです。

年月はどんどん過ぎていく中、当たり前のように解説者も老けて、もちろん私も老けて、
そして亡くなって・・・。
なんだかとても切ない気持ちになりますね。
いまも、いろんなモノが便利になって素晴らしいですが、あの頃のように純粋に映画に感動をし、
純粋に騙されて、純粋にびびることが無くなってしまっていますね。

「シベリア超特急」を、銀座の映画館で友人と二人で観にいきました。
面白かった。でも、それは映画が面白かったというよりも、「斜めから観て」面白かった。
「踊るマハラジャ」も観た。「斜めから観て」面白かった。

汚れた。完全に汚れた。

でも、「ニューシネマパラダイス」で、一人で男泣きをした。
初めて観ようと思った時は、開始5分で寝た。でも、次観たときはぐっときた。
そんな、心から感動をする映画が観たいな。

そして映画を愛して、紹介し続けた一人がまた亡くなった。
きっと、その志は他の人に引き継がれると思う。
ハムの人は、ショートフィルムに力を注いでいるみたいだしね。
西田敏行さん、田中邦衛さん。頑張ってちょうだい。私は、まだ日本映画にも期待をしています。

↓お疲れ様。
redv00571_02_capture2.jpg


↓お疲れ様。「マイク・ミズノ」
face.jpg












スポンサーサイト
2008.06.06 最後について
女の勘と、血液型占いを、心底信じて疑わない人とは、付き合えません。
そして、女性は腕枕とチーズケーキが好きに決まってます。
横須賀スキップです。

最近、最後についてよく考えます。
「Today is goodday to die.」という言葉があります。

生死に関する、よく耳にする言葉があります。
人は最後に向かって、日々生きている。
何のために生きているのか、わからない。
産まれてきてすいません。(すんまそんという人は、懲役500年の刑です。)
産まれてきてくれてありがとう。

そんな言葉を頭によぎらせながら、なんとなくの結論が出ました。

最後の瞬間に、幸せだったと思い返せて、大切に想う人の笑顔の中で終われたら、
幸せなのかなぁと、なんとなくリアルに想像してます。

人は様々な幸せのかたちがあるので、どれが幸せで、どれが答えだと決めることはできませんが、
それらは全て金だと思います。

やっぱり金がなければ、ご飯食べれないし、生活できないし。
金ですよ。

さ、屁こいて寝よ。


(本日の肥満児名言集)
・肥満児は、ダイエット食を2倍食べる。
・ダイエットコーラや、ダイエットペプシは、素直にまずいと思う。
・せっかくだからと、断らない主義。
・もったいないの精神を大切にしている。
・タッパ
・缶ジュースを飲み終わる最後に、「スッ」って吸う。
・いかに歩かないで乗り換えをするルートを知っている。(自慢)

↓日本代表ひょうきん肥満お兄さん「ウガンダ トラ」。
1.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。